建築スペイン語

建築スペイン語

 コース紹介

建築スペイン語コースは、建築や都市計画、空間デザインの分野に特有なスペイン語を習得したいみなさまのために開かれています。また、スペイン語での習得をプロフェッショナルな場に向けたい方にも適しています。

都市計画、デザイン、様々なプロジェクトの実践、建設メカニズム、建築用の専門語彙や文書、コミュニケーション現場を応用したスペイン語文法を扱います。

 

 

期間

本コースの期間設定はあらかじめ決められていません。参加グループのニーズに対応し、内容に適した形で設定されます。

 

対象学生

本コースは最小人数10名のグループを対象に、 建築分野におけるスペイン語の能力を上達させたいみなさまに向けられています。事務所での仕事やスペイン人建築家との共同作業を通し、デザインや設計書をどのように提示するかなどを学びます。

 

目的

このコースの目的は、学生が建築現場のプロフェッショナルな環境において、スペイン語でやり取りができるようになることです。分野特有の語彙知識は、建築内外や空間デザイン、都市設計に応用されたもので、コミュニケーション能力獲得への源となります。さらに、建築の様々な素材や伝統的もしくは革新的な建築知識も習得する必要があるでしょう。また、都市に既に存在する建築物と新しく設計されるものとの共存の仕方や、現行の建築傾向や都市計画の傾向なども学習していきます。

 

概要

クエンカ・スペイン語プログラムは、スペイン語を学ぶ学生に、ニーズに合わせて考案された一連の授業や実践演習、講演などを通し、専門的知識を提供します。

本コースの内容は、参加グループのレベルや期間に対応し設定されます。

実践的授業では、各学生が企業の中でスペイン語運用に関わる全ての要素を取り扱うようになります。

専門講演は建築諸分野の専門的知識を深めたいと希望する、高いスペイン語レベルを持つ学生のみなさんのために設けられます。テーマは、造形芸術、ビジュアルアート、画像技術などです。

 

通常授業

  • スペインにおける都市計画と建築に関する基礎知識
  • 建造、デッサン、デザイン:特有の語彙
  • 建築、タイプ、用途の材料
  • 建築と施設技術
  • スペインにおける建築スタイルの傾向と好み

 

実習と見学

実習の内容やテーマは、本コースに参加する学生や大学のニーズによって設定することができます。同様に、建築の作業場や材料の工場、卓越した建築物などの見学を企画することも可能です。

 

講演

グループのニーズやコースの期間を考慮して計画された専門家の講演に参加することができます。

 

 評価

コースの評価は、グループ担当の教員により、通常授業、実習全てを通して行われます。

 

単位認定

クエンカでスペイン語プログラムは、各学生の最終成績と到達度をもって証明書を発行します。また、留学協定先の大学やその他教育機関の希望により、協定書に則って単位の認定が可能です。