カスティーリャ・ラ・マンチャ大学基金

Logo FG

 

クエンカ・スペイン語プログラム(ESPACU)は、カスティーリャ・ラ・マンチャ大学基金( Fundación General de la Universidad de Castilla-La Manchaに所属する留学生向けスペイン語コースです。主な目的は、クエンカという類い稀な環境のもと、大学生をはじめスペイン語に興味のあるみなさまに、スペイン語を学び上達させる機会をご提供することです。

 

カスティーリャマンチャ大学

カスティーリャ・ラ・マンチャ大学は、恵まれた環境のなかで文化的原動力の一要素として重要な役割を果たしています。まだ若い大学ですが、革新的なアイディアと提言の交換の場としても機能しています(1982年創立)。

カスティーリャ・ラ・マンチャ大学には、教室、講義室、研究室や図書館などの設備が整えられています。特に図書館は国内、海外の全学生に十分なスペースが設けられ、よい学びの場となっています。また、学生と教員の割合も適切で、学生一人一人が質の高い指導を受けられるようになっています。

さらに本学は、授業以外の場面においても大学生生活が立派な社会人への過程になるよう、学生一人一人のサポートに努めています。一方、スペインにおける研究拠点としても本学は功績を収めています。その結果、カスティーリャ・ラ・マンチャの発展にも貢献しています。

カスティーリャ・ラ・マンチャ大学は、「クエンカ・スペイン語」プログラム用に、旧市街の古い街並を楽しみながら学べる場所に近代的なシステムをご用意し、みなさまをお待ちしています。

 

El pase de diapositivas requiere JavaScript.